FC2ブログ
2018/06/25

救急車

本当に、何度、「 6月は慌ただしい 」と書けばいいんだろう。
いろんなことが起こりすぎる。

今日はMRI+造影剤の検査だったので、午前中は会社を休ませてもらってた。
で、朝8時半過ぎ、両親は仕事に出かけてて、祖母と二人。
階下で変な音がしたので見に行くと、祖母が玄関で転んでて、まともに顔面を強打したみたい。
顔の下に血だまりができていたので慌てて駆け寄ると、すごい鼻血。
祖母は血液がサラサラになる薬を飲んでたから、血がすごい勢いで出て、止まらない。
もう、鼻が蛇口になってるみたいで、すごく怖かった。

元々血が苦手なこともあり、完全にパニックに陥り、慌てて父親に連絡。
幸い、他の用事で、ちょうど家に向かって車に走らせてたところだったらしく5分くらいでこちらに到着。
私はうろたえて右往左往するだけで、救急車を呼べと言われてもまともに動けず(既に母親が会社から救急車を呼んでくれていた)、次々と集まってくる親族(叔母とか従妹とか)に完全にお任せ状態。
情けない。

祖母が転んでから10分後くらいに、救急車到着。
それまでには鼻血も止まっていて、意識もしっかりしてる。
その後、叔母と父が祖母に付き添い救急車で市民病院へ。

私は検査の時間になったのでいったん別れ、1時間半後に再び家族と合流。
そのときには祖母の精密検査は終わっていて、幸い命に別状はないけども、顔を3か所も骨折していて、左目がガチャピンみたいに腫れあがっていた。
入院の必要はないそうだ。
それは逆にちょっと心配だけど。

とりあえず、状況は落ち着いたけど、なんか精神的に疲れちゃったから今日は午後も休みをもらった。
気持ち的には前向きで、平穏を保っているつもりなんだけど、どうも身体はそうではないみたいで、関節とか身体の節々が痛い。
無意識に、身体をこわばらせているのかな?

怖がっても仕方ないんだから、リラックスしないと。
もし私が検診にひっかからなくて今日の検査がなかったら、今回の祖母の件は、発見が遅れて大変なことになっていたかもしれない。
そう考えると、悪いことばかりじゃないんだから。


とりあえず、カフェオレ飲みながらチーズケーキでも食べよ。
そして、海外ドラマでもみて、まったりしよ。
それから、ちょっと副業しよ。

動くぞ(`・ω・´) 

日々の呟き | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示